単身赴任の必需品

単身赴任生活をして1年8ヵ月が経過しました。

単身赴任生活をしていく上で、私が必需品と感じたものを紹介します。

※同居でも必要なものは省きます

 

1.EX-ICカード

私は自宅に帰る時、新幹線で帰っています。

自宅に帰るのは金曜日の仕事後で、単身赴任のお父様方たちと同じです。

金曜日17時以降の券売機の混み具合をご存知でしょうか?

券売機の前からずら~~っと並び、列整理がされています。

新幹線のチケットを買うだけで20分以上並ばなければなりません。

更に、少しでも金額を浮かせようと、自由席を購入した場合、

始発駅の場合を除いて、新幹線で座ることができないことが多くあります。

長距離移動で家に帰るだけでも疲れるのに、券売機に並んで、新幹線でも座れずでは、

疲労が更に溜まってしまいます。

 

それを解消するのがEX-ICカードです。

年会費は1,080円掛かりますが、年間一回以上新幹線を往復利用するならば必需品です。

  • 自由席の値段よりも安く、指定席に乗ることができます。
  • 券売機に並ぶ必要もありません。
  • 列車の時間に間に合わなくなりそうなときに、列車変更も可能です。

メリットしかないので、私の必需品となっています。

 

 

2.WiFi

単身赴任生活をしていると、携帯電話を使用する機会が多くあると思います。

  • 家族とLINE通話
  • 交通手段の検索
  • 暇つぶしのネットサーフィン(Youtube鑑賞)

それらのことをすると簡単に通信制限になってしまいます。

大事な時に通信制限になっていて対応できなかった、などならないように

データ量を節約して生活しているのも無理があります。

そこで私はポケットWiFiを持ち歩いて生活しています。

契約期間なし!!月額3300円のポケットWi-Fi

こういうのです。

WiFiのおかげ?で毎日通信制限を気にせず、LINE通話したりすることが

できているので、重宝しています。

単身赴任の人だけじゃなくても、携帯電話代金を見直すこともできます。

携帯電話は、データ容量月5GBで○○○○円など、データ量に対しての料金となっていますが

私はWiFiを持っているので、データ量を気にする必要がありません。

なのでデータ容量が一番小さい、格安の契約にしています。

 

私は携帯電話だけではなく、パソコンもよく使うので、

WiFiがないとインターネット接続ができないため、余計に重宝しています。

 

なくても影響がない人も少なくないかもしれませんが、

私にとっては必需品と感じています。

単身赴任の期間が決まっていないと、2年契約など固定が難しいと思うので

契約期間なし!!月額3300円のポケットWi-Fi

期間に縛りのない契約体系が便利だと思います。

 

EX-ICとポケットWi-Fiが、日用品・電化製品を除いて私は必需品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

嗜好品②

次の記事

競馬の思い出