平成最後の日

テレビ各局は、まるで大晦日のような賑わい方をしていますね。

私もテレビなどにあやかり、平成を振り返りました。

 

記憶があるのは、平成7年の阪神大震災です。

当時小学校低学年で、すごい大きな地震があって、

建物などがぐちゃぐちゃになっていました。

当事者ではないことと、低学年ということもあり、

発生当時はその程度の感覚でしたが

小学校6年生の修学旅行で被災地に行きました。

被災地は発生から5年経って、多く復興がされていましたが、

地震発生時の状況を現地の人に聞いて、「怖いなぁ」

「自分がなったらどうなるんだろう」…と思ったのを今でも覚えています。

 

それから20年ほど過ぎ、単身赴任中の昨年、

6月18日震度6弱の地震に新大阪駅で遭遇しました。

当日は、新大阪駅だったこともあり、駅構内はあちこちの階段で座り込んでる人や

観光客が怯えながら、震えていたりと行った状況でした。

私は、どこか落ち着いていて自宅は大丈夫なのか、家族は平気なのかと

思いながら、復旧作業の仕事に加わっていました。

 

平成は自然災害の多い年だったと言われています。

東日本大震災や、最近だと北海道胆振東部地震、西日本豪雨などなど

令和の時代になり、来ると言われ続けている東南海地震が発生するかもしれません。

日本に住んでいる限り地震は多く発生すると思います。

来たる災害への備えもしっかり行う必要がありますが、

私は、子供達の成長を見守って、毎日を楽しく過ごししたいです。

平和な時代、日本が続くことを望んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA