競馬回顧録~ヴィクトリアマイル~

今週末のG1レースは東京競馬場で開催されるヴィクトリアマイル(芝・1600m)牝馬限定戦です。

2006年に新設され、まだ13回しか開催していないと新しいG1レースです。

ヴィクトリアマイルといえば、荒れるG1レースです。

JRAのG1レース史上最高配当の2070万円馬券が出ています。

そんな荒れるヴィクトリアマイルの、私的回顧録です。

 

2007年5月13日(日) 第2回ヴィクトリアマイル

2006年ディープインパクト号が作った競馬ブームの翌年

2007年春は、桜花賞でダイワスカーレット号が、先日逝去したウオッカ号に完勝した年です。

私が一番競馬にのめりこんでいた時期です。

この日は休日出勤で馬券を買いに行けませんでしたが、前日に競馬番組を見たり

一緒に仕事をしている人に予想を披露していました。

その日は仕事を早く終わらせて、競馬の時間に合わせて休憩を取り、テレビ中継を見ていました。

レース内容は・・・あまり覚えていません。

憶えている理由は、予想がズバリ当たったから です。

そう、買わない予想は当たる 競馬あるあるです

この時の配当は228万3960円。

仕事が無ければ買いに行けたのに・・。という思い出で忘れられないレースです。

このレースを経験したことで、更に競馬にのめり込んでいきました。

 

今年のレースも中荒れしそうだな、と思いつつレース観戦を楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

母の日