単身赴任と独身一人暮らしの違い②

単身赴任と独身一人暮らしの違い①で、日常的な生活費の部分では、

単身赴任と独身一人暮らしに違いが出にくいことを紹介しました。

今回は、日常的ではない部分の中で、違いが出てるであろう部分を紹介します。

 

1.帰省費

一番違いが出る部分は間違いなく、これです。

単身赴任の場合、月に1~2回程度は帰省する人が多いはずです。

独身一人暮らしは、多くて月1回、少なければGWやお盆など長期連休期くらいじゃないでしょうか。

単身赴任手当が出る会社が多いと思いますが、大きな違いだと思います。

 

2.休日の時間

単身赴任の場合、休日のうち何時間かは帰省するための時間になります。

また、父親モードと独身モードの2パターンがあります。

独身一人暮らしは、全てが自分の時間となります。

 

3.交際費

休日の時間の違いから、交際費も大きく違ってきます。

そもそも、単身赴任の小遣いと、独身一人暮らしの使える金額は大きく違います。

単身赴任の小遣いで、独身一人暮らしの遊び方をできる人は多くないのではないでしょうか。

独身一人暮らしに戻った感覚で使いすぎないように気を付けましょう。

 

まとめ

やはり、どれだけ自分の時間で遊べるかの違いが、金銭的な違いに出てきます。

家族との時間から離れると遊びたくなりますが、大人しくする時間が必要だと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA