エアコンのフィルター清掃

こんばんわ、いっくんパパです。

6月に入り、気温が高くなってきました。

気温が高いと、エアコンを動かす時間が増えますよね。

暖房の時期が終わった後、エアコンのお手入れはしてありますか?

エアコンのフィルターは、すぐにホコリまみれになります。

フィルターは、空気中の熱気又は冷気を熱交換器に取り入れる時に、ホコリを取る役目をしています。

ホコリを取る役目ということは、凄くホコリが溜まりやすいです。

フィルターにホコリが溜まるとどうなるか

電気代が増す

新鮮な空気を取り入れるためにエアコンのファンが回転しますが、

ホコリで目詰まりをしていると、必要な空気を吸い込むのに余計にパワーが必要になります。

パワーが必要ということは、常にエアコンが動きっぱなしになります。

エアコンが動きっぱなし=電気代が増えていく となります。

アレルギーや肺炎など病気になる可能性が増える

その他に、ホコリで目詰まりをしていると、カビが発生します。

カビが発生したエアコンの空気を吸うと、アレルギーや肺炎につながる可能性が出ます。

臭いが発生する

エアコンを使っている時に生乾きのような、ホコリっぽいような変な臭いを嗅いだことはありませんか?

フィルターがホコリで目詰まりが起きていることで、ホコリが混じった空気が発せられ、変な臭いを発生させています。

これらのことから、エアコンのフィルターを定期的に手入れしていないとデメリットが多くあります。

フィルターの外し方

室内機の両脇を持ちあげる

室内の両脇を押しながら手前に引くと、カバーが上に持ち上がります。

カバーをそのまま上にあげると一定箇所で止まるので、手を離すことができます。

フィルターのツマミを持って、手前に引っ張る

手前に引っ張ると、スルスルっと外れてくるのでフィルターを外しましょう。

※ホコリが大量に溜まっていることがあるので、マスクをつけておいた方がいいです。

フィルターの清掃方法

シャワーで水洗い

これが一番簡単です。

フィルターの表面を上から下へ、シャワーを当てていきます。

すると簡単にホコリが流れます。

ただ、裏面にもホコリが残っているので、フィルターを裏返して、同じように上から下へシャワーを当てていきます。

時間にして1分もあれば、全て流しきることができます。

よく乾燥させる

ベランダなどで、フィルターを斜め置きして乾燥させます。

乾燥が中途半端だと、カビが発生しやすくなってしまうので

しっかり乾燥させる必要があります。

外して水洗い、乾燥が面倒という人には、

掃除機で吸い取る

軽いホコリの量であれば、掃除機で吸い取ることも可能です。

この場合であれば、エアコンから外さずに掃除することもできます。

まとめ

フィルターの手入れは、乾燥時間は掛かりますが、手間はほとんど掛かりません。

その手間以上に、ホコリが溜まるデメリットが多くあります。

家族がホコリなどで苦しまないように、一度手入れをしてみてください。

ものすごく簡単にできることなので、お父さんたち頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA