エアコンのフィン(熱交換器)洗浄

前回のエアコンフィルター清掃に続いて、エアコンの掃除です。

今回は、フィン(熱交換器)洗浄です。

プロであれば、エアコンをしっかり養生をして、高圧洗浄機を用いて清掃しますが、

養生の知識がなくても、高圧洗浄機を持っていなくても、自分である程度は掃除することができます。

今回は、これを使います。

エアコン洗浄スプレー!

エアコン洗浄スプレーとは

アース製薬から2本で700円程度で販売されている、エアコンのフィンを掃除するためのスプレーです。

使い方

噴射口についている留め具を外し、5回程振って、トリガーを握る

たった3ステップで使うことができます。

掃除方法

スプレーをフィンに正対させ(逆さにしてはいけない)フィンの向きに合わせて、上から下へスプレーを吹きかけます。

この時、噴霧させた洗浄液は、エアコン内のドレン菅を通って外へ出るので、後片付けもほとんどありません。

※フィンから外れた部分は、そのまま垂れてくるので雑巾を片手に持ちながらがいいです。

使用時間

1缶につき90秒程度、スプレーの内用液が持ちます。

90秒あれば、フィン全体を洗浄できるので、1回の洗浄で1本使い切ってください。

使用後

泡立ち、シュワシュワと音がなっているので、10分程度乾燥させます。

乾燥時間を手抜きすると、カビが余計に繁殖してしまうため、しっかり乾燥させてください。

使い終わった缶は、各自治体が推奨する捨て方をしてください。

まとめ

フィン洗浄を行うと、ホコリなどで落ちていた熱交換の効率を復旧させることができます。

熱交換率が高くなると、必要な電気代を抑えることができるので、節約に繋がります。

推奨は2週間~1ヵ月に1度と、色々なブログで書かれていますが、

私は、冷房と暖房の切り替え時期だけでいいと思っています。

ただ、使用頻度やホコリが多く発生することをしている場合は、シーズン中でも洗浄します。

自分で手に負えないほどの汚れの場合は、業者にお願いするのがいいでしょう。

最後に

フィン洗浄自体は、スプレー缶1本の持続時間(90秒)で終わらせることができます。

たまには手入れをして、出来るお父さんを演じましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA