単身赴任中の晩御飯事情

こんにちわ、いっくんパパです。

私が単身赴任を終えて、しておけばよかったことを紹介します。

今回は晩御飯についてです。

晩御飯

普段結婚している人の大半は、奥様が作ってくれていて、食べるだけの人が多いのではないでしょうか。

そんな状態から単身赴任が始まると、自分一人でやりくりしなければいけません。

そこで、晩御飯を食べるにあたって、選択肢をメリット・デメリットを付けて紹介します。

外食

多くの人はこの選択肢を取るのではないでしょうか。

<メリット>

  • 食べたいものがすぐ食べられる
  • 洗い物をしなくていい
  • 会社の人と食べに行ける

<デメリット>

  • お店で食べると500円以上掛かる
  • 量が多い

これくらいでしょうか。

メリットの方が多いですが、やはりお金が掛かることが最大のデメリットです。

自炊

2つ目は自炊です。

自炊にもメリット、デメリットがあります。

<メリット>

  • 1食単価が500円以下で作れる
  • 食べたい物を食べられる
  • 料理が上達する

<デメリット>

  • 作る時間が掛かる
  • 後片付けが面倒くさい
  • 事前に食材の買い物に行く時間が必要
  • 食材を腐らせてしまう可能性がある

買い物をする時に、ある程度の献立を立てて食材を購入しても、

急な食事の誘いなどで自炊の日程がずれると、いつの間にか賞味期限切れや、腐っているなどが起こります。

1食単価は安いですが、廃棄するものが多いと、外食とあまり変わらないことも出てきます。

自宅から冷凍して持ってくる

最後は、自宅から単身赴任先に戻ってくる時に、おかずを冷凍して持ってくる方法です。

<メリット>

  • 自宅で作った分の残りを冷凍するので、自炊よりも更に安い
  • 食べたい時に、食べたい物を食べられる
  • レンジで解凍するだけでいい
  • 食材が腐りにくい(冷凍焼けだけ注意)

<デメリット>

  • 準備が大変
  • 移動時間中に溶ける危険性がある
  • 後片付けがある

この方法なら、急な食事の誘いにも対応できます。

一人でご飯を食べる時も、食費を気にせず食べられ、食べなれている奥様の食事です。

皿洗いなど、多少出てしまいます。

まとめ

今回紹介した「外食」「自炊」「自宅から冷凍して持ってくる」ですが

外食・・・費用 大 、 手間 小

自炊・・・費用 中 、 手間 大

冷凍・・・費用 小 、 手間 中

となります。

私は自炊を選択していましたが、晩御飯に誘われて良く食材を腐らせてしまっていました。

単身赴任だと、誘われやすいこともあるのでコスト面や手間を考慮すると

「自宅から冷凍して持ってくる」のが一番いいと思います。

ただ、奥様が事前に準備しておいてくれたり、といった手間が発生してしまうので

協力が必須になります。

単身赴任は本人だけでなく、家族にも負担がかなり大きいので、ツライ期間中を

協力し合って

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

同居に戻って

次の記事

帰省の周期