伊賀流忍者博物館に行きました。

こんばんわ、いっくんパパです。

お盆休みを利用して、伊賀流忍者博物館に行きました。

伊賀流忍者博物館とは

三重県伊賀市にある、忍者を題材にした施設を紹介している屋外博物館です。

入館料は、

大人(高校生以上):756円

小人(4歳~中学生):432円

となっています。

施設自体はあまり多くなく

  • 伊賀流忍者屋敷
  • 忍術体験館
  • 忍術伝承館
  • 忍術体験広場
  • 忍術ショー
  • NINJA坊

の6つです。

伊賀流忍者屋敷

ここでは、江戸時代に実際に使用されていた屋敷をそのまま移設してきていて

様々な「からくり」を実演しながら紹介してくれます。

「どんでん返し」「抜け道」「隠し戸」などを実演しながら紹介してくれるので

楽しみながら、ひとつひとつ驚いてみることができました。

私はその中でも、吹き矢の実演が印象に残っています。

忍術体験館

伊賀流忍者屋敷の見学が終わると、そのまま通されてきます。

ここでは、忍者が使用していた道具や、装具、本物の手裏剣などが400点以上展示されています。

鎖鎌など、ゲームが好きな人であれば、聞いたことがある名前の物も多くあり、

ゲームが好きな人にもおススメです。

忍者伝承館

忍者が実際に使っていた、米粒を使った暗号や、忍術、古文書の解説など

忍者に対する知識を深める内容を数々紹介していました。

忍たま乱太郎の世界は、ここにあるものそのままだな、と感心しました。

忍術体験広場

この伊賀流忍者博物館で醍醐味のひとつがここです。

忍術体験広場では、本物の手裏剣を5枚200円(私が行ったときは7枚300円)で体験することが出来ます。

年齢、性別によって投げる位置が変わりますが、的に向けて投擲して

一定ポイント以上を取れた場合は、景品ももらうことができます。

伊賀流忍者博物館に行ったからには、体験するべきところの一つです。

忍術ショー

もうひとつの醍醐味はこの忍術ショーです。

見学するには、別途料金(4歳以上400円)が掛かります。

内容は「伊賀忍者特殊軍団 阿修羅」が本物の忍具を使用して、実演をしています。

スタントアクションも多く含まれているので、大迫力です。

阿修羅のメンバーに、くノ一が居ますがその方の実演もカッコいいですよ!

yahooニュースにも取り上げられていました!

まとめ

伊賀流忍者博物館を全部回ると、2時間もあれば見ることができます。

ひとつひとつの内容が濃いので、楽しむことが出来ました。

小さい子供も、手裏剣体験や、忍術ショーなどすごく楽しんでいました。

また、近くの建物で忍者衣装を着ることもできます。

三重県や伊賀の方面に行く予定のある方は寄ってみてはいかがでしょうか!

伊賀流忍者博物館に行きました。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA