念願のボートレース蒲郡

こんにちわ、いっくんパパです。

のんほいパークからの帰り道、ずっと行きたかった「ボートレース蒲郡」にいってきました。

私がボートレース蒲郡に行きたかった理由は、場内で営業している

「牧原漁港食堂」の丼飯をを食べたかったからです。

駐車場から

ボートレース蒲郡は、立体駐車場があり、無料で停めることが出来ます。

駐車場に停めたその場から、既にレース場内が見ることができ、

入場する前からワクワクが止まりません!

入場

いつも通り入場料100円を支払い、入場ゲートを抜けると、建物の中に入ることができます。

入ってすぐ、「めちゃくちゃ綺麗」でした。

歴史のありそうなものも、現存しています。

ボートレース蒲郡のメインキャラクター「トトまる」もいます。

写真はないですが、キッズスペースもありました。

ただ、6畳~8畳ほど?の室内スペースで、未就学児向けです。

遊具などはないので、子供を連れて行くのには、中々厳しいかなと思いました。

食事

今回の目的地、ボートレース蒲郡のフードコートで食事をしました。

うずらのたまご12個(300円)など、子供も大好きつまみ系や

三河産穴子天丼(500円)

三河産タコのどて丼温玉乗せ(500円・左)

釜揚げしらす丼(500円・右)

ここの一番有名なものは、かき揚げ丼(かき揚げが丼からはみ出るほど大きい)ですが

違うものを食べてみました。

味は想像以上に美味しく、500円で食べられることに大満足です。

量も十分なほど入っていて、お腹いっぱいになりました。

妻子も満足して食べていました。

最後に

ご飯を食べ終えたら、子ども達の疲れが限界に来たので、帰路に着きました。

今回、ずっと行きたかったボートレース蒲郡に行きましたが

ご飯が良心的な値段で、建物も綺麗と素晴らしい場所だな、と思いました。

子供の遊ぶ場所がもう少しあると、もっと子供を連れていきやすいな、とも思いました。

また機会を見つけて、行きたいと思います。

念願のボートレース蒲郡” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です