現金払いとキャッシュレス決済

こんにちは、いっくんパパです。

10月から消費税が10%になりました。

税金が2%あがると、生活もかなり変わってきているのではないでしょうか。

そんな中、軽減税率という制度が期間を定められず設定されました。

軽減税率の中には、キャッシュレス決済をすると、5%もしくは2%のポイント還元が受けられる制度がありますが、

この制度は2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間となっています。

今回はこの部分について、紹介します。

制度を利用するにあたり

そもそも、キャッシュレス決済とは

・クレジットカード

・QR決済

・電子マネー

・ペイペイ など

現金を使わないでお金を支払う方法です。

一番身近な物だと、クレジットカードではないでしょうか。

最近はPayPayのCMもよく放映されていますよね。

これらを使うと、税率の割引やポイント還元が受けられるという仕組みになっています。

実用例

一番身近であるコンビニで紹介します。

コンビニではキャッシュレス決済を行うと、その場で2%割引が受けられます。

この2%割引を「還元」と表記されているのでわかりにくいですが、

商品の合計から2%割引かれて支払いが行われます。

  

例えば、1000円分の商品を持ち帰りで購入した場合

本来であれば1080円(8%適用)の支払いになります。

ここから2%分の22円が割引かれ、1056円の支払いでいいんです。

10回同様の買い物をすると、220円分も得になります。

これはもうキャッシュレス決済するしかありません。

更に、○○ペイを使用すると、更にポイントも付く仕組みとなっています。

使わない手はないですよね!

現金派の人へ

得だよ、と宣伝されていても現金払い派が多い日本です。

クレジットやキャッシュレス決済だと、お金を使った・減ったと言う感覚が無いから使い過ぎちゃう!

と言う人が多いです。

そんな方にこそ、キャッシュレス決済をオススメしたいです。

 

クレジットカード払いだと、使える金額が青天井に思えてしまいます。

そこで、交通系ICでもいいですが、ポイント付与の特典も大きい○○ペイをオススメします。

PayPayでも、楽天ペイでも、LINE Payでも、どこでもいいです。

利用方法は、最初に一月の使う金額を自分なりに設定します。(1万円など)

設定した金額を、使いたい○○ペイにチャージします。

あとは、現金のように使っていくだけです。

メリット

現金払いはお金が無くなっていく感覚があるからいい。と言う感覚は、実は

お金を引き出したらリセットされていることを忘れているだけです。

つまり、無駄遣いをしている感覚も無くしているのです。

○○ペイにチャージして使えば、自分がいくら使ったかわかるんです。

クレジットカード払い=底無し沼

現金払い=口座に手持ちがある限り、青天井

○○ペイ=(自分が設定した)上限付き

と言う感覚に触れられるチャンスがあります。

デメリット

デメリットとしては、○○ペイに対応していないお店での支払いが出来ない。

これに尽きます。

まとめ

クレジットカードやキャッシュレス決済は、いくら使ってるかわからなくて怖いと言う人は、

結局、現金払いでもいくら使ってるか把握していないのと一緒です。

自分がいくら使っているかわからない人にこそ、

○○ペイにチャージして、残高が無くなっていく感覚があった方がいいと思います。

新しいことに挑戦するのが億劫かもしれませんが、

見返りは大きいと私は感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

コンビニ飲料