体調維持のためにしていたこと

こんにちは、いっくんパパです。

この頃めっきり寒くなってきましたが、体調を崩してはいませんか?

今日は私が単身赴任していた時に行っていた、体調維持方法を紹介します。

湿度を確保する

冬の乾燥時期、必ず気を付けるべきことです。

私は加湿器など、持って行っていませんでしたが

その上で湿度を確保するようにしていました。

私は「濡れたタオルを干す」を行っていました。

 

私が住んでいたところは1Kロフト付だったので、

ロフトの手すりにタオルを干していました。

たかだか干すだけと簡易的ではありますが、非常に効果的でした。

寝る場所

先ほど、私が住んでいたところが1Kロフト付と紹介しましたが

寝る場所は、ロフトを使わないようにしていました。

理由としては、室内にある冷たい空気は比重の関係で、高い場所より低い場所に集まります。

同じ水蒸気量であれば、温かい場所より冷たい場所の方が湿度は多くなります。

そのようなことから、ロフトは使わずに床にマットレスと布団を引いて寝ていました。

気温は下がるので、布団と毛布は必須でしたが・・。

換気をする

家に帰ってきたら15~30分程、換気をしていました。

乾燥している状態だと、喉が痛くなりますが

その他に、ホコリを部屋から出すように心掛けていました。

ホコリで喉が炎症した上で、乾燥している部屋は、体調崩してくださいと言っているようなものです。

寒いかもしれませんが、窓を開けて換気することも必要です。

睡眠時間をしっかり取る

単身赴任中だと、一人です。

一回家庭に入ってから、一人の時間が手に入ると

夜の自由時間が凄く多くなり、飲んだり遊んで帰ってきて寝る時間が減ってしまいます。

それが続くと自ずと睡眠時間が減ってしまいますが、

疲れが溜まると風邪を引きやすくなってしまいます。

初歩的ではありますが、自分で寝る時間を決めて、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

まとめ

全体的に見ると、当たり前のことが多いと思います。

ですが、一人暮らしをするとその当たり前を面倒くさくなり、手抜きしてしまいます。

その手抜きが体調不良に繋がっていることが非常に多いです。

今一度、生活で手抜きをしている部分を見直して体調不良にならないように注意しましょう。

体調維持のためにしていたこと” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ポケモン発売日