部屋の乾燥対策

こんにちは、いっくんパパです。

昨日は頭痛だったこともあり、子供達が寝るよりも早く、寝てしまいました。

おかげで頭痛も少し和らぎました。

仕事で疲れているのに、子供の面倒を見てくれた妻に感謝です。

  

この頃めっきり寒くなり、すごく乾燥する時期になりました。

我が家は、加湿器を持っていないので夜寝る時の乾燥対策として

暖房を掛けた部屋に洗濯物の干す、と言う方法をしています。

以前、単身赴任時の乾燥対策でも少し紹介しましたが、

かなりメリットが大きいと感じたので紹介します。

加湿効果

加湿器だと、加湿器を置いている周りに効果が高い反面

加湿器から遠くなればなるほど、乾燥していきます。

部屋全体を賄うほどの効果はありません。

それに対し、部屋干しでは部屋内を満遍なく干すので、

部屋全体に効果が見られます。

干し方

洗濯物を窓に近づけないように注意してください。

結露もそうですが、空気の逃げ場がなくなるので、乾きにくくなります。

普通の洗濯と同様ですが、乾きにくくなるので

洗濯物同士がくっつかないように気をつけてください。

洗剤

どうしても部屋干しの臭いは付きやすくなるので、

部屋干し用の洗剤がいいです。

抗菌効果があるとなお良いです。

メリット

部屋干しは加湿効果のほかにもメリットがあります。

朝の時間短縮

夜のうちに洗濯物が終わっているので、朝の洗濯物の時間が無くなります。

そうすることで、朝の時間にゆとりが持てます。

花粉や黄砂が付かない

外干しすると、太陽の殺菌効果がある代わりに、

花粉や黄砂、PM2.5などが付着する可能性もあります。

そういった物を付着させないメリットがあります。

まとめ

部屋干しは、部屋干し臭が付きそうで良い印象がないですが

数多くのメリットがあるので、乾燥対策も含めて

一度お試ししてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

持病の頭痛

次の記事

忘年会シーズン