朝日杯フューチュリティステークス(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2019年12月15日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

3連単 ②⑧-②⑧-③ の2通りでした。

今回は本命を外しての予想だったので、結果から言えば、また外れました。

 

今回のレースは、スタートから②ビアンフェが逃げていきました。

しかし、前半600mは33.6 早すぎです・・・。

その中で、残り300mくらいまでは先頭を走っていて7着でゴール

今後、買うべきか非常に悩む走り方でしたが、はまれば勝てるとも思えました。

そして、勝った6.サリオス、強かったですね。

先頭集団で道中進み、直線に入ったら一気に先頭へ。横綱相撲でした。

8.タイセイビジョンも相手が強かったこともありますが、いいレースぶりでした。

 

それにしても、3.ペールエールはどうしたんでしょうか。

ただ、走ってきただけとなってしまいました。

 

今年もG1残り2戦、少ない点数で、一度でいいから当てたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です