ホープフルステークス(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

2019年最後のG1レース、ホープフルステークスが中山競馬場で開催されます。

このホープフルステークス、2年前にG1昇格したばかりのレースです。

2018年の優勝馬はサートゥルナーリアですが、2019年の数々のG1レースで

実力を発揮している馬となっています。

このレースから、未来のクラシックホースやグランプリホースが出るのではないか、と思っています。

出走馬

出走予定は13頭と少なく、かつ2歳限定戦ということもあり

相変わらず予想が難しくなっています。

予想

◎5.ヴェルトライゼンデ

1つ上の競走馬、有馬記念3着のワールドプレミアの半弟です。

この馬は、過去2走で重・稍重コースを走ってそれぞれ1着を取っています。

各レースとも圧倒的な勝ち方をしているわけではなく、追い比べの中抜け出す競馬でした。

今日の中山は、天気は良さそうですが、上り時計が悪いので

この追い比べに勝てる根性なら、十分勝てると思います。

懸念材料は、瞬発力勝負になった時です。

 

○7.ワーケア

前走、前々走は東京1800m戦を勝ち上がってきています。

残り300mまで追い出さず、騎手がGoサインを出したらすんなり先頭へ踊り出ていました。

どちらかというと瞬発力タイプだと思います。

本命に上げていないのは

・中山9日目の荒れた馬場で、瞬発力が生かせるのか

・初めての右回りをこなせるのか

・瞬発力タイプのこの馬が、中山の坂をスピードそのまま来れるのか

などです。

ただ、血統的には瞬発力よりも、パワータイプなので、ある程度はこなすことができるだろう、と

対抗に置きました。

 

▲2.コントレイル

今回のレース、能力的には圧倒的にこの馬だと思います。

ならなぜ本命に上げていないのか。

それは、内枠に入ったからです。

前走、前々走は外枠で距離のロスはあるものの、追い出しの時に邪魔になる馬は居ませんでした。

しかし、今回内枠に入ったことで、追い出すときに前に居る馬が邪魔になる可能性が十分あります。

強い脚を持っていても、追い出すスペースがなかったり、スペースが空くまで時間が掛かると

差し切ることはできないと思っています。

そこで、勝てる能力はあると思いますが、今回は単穴予想としました。

 

△1.ブラックホール

この馬、既に3走していますが、あまり人気になっていません。

新馬戦の時は、今回11.オーソリティと対決して2着に敗れていますが

直線が短かったことが敗因だと踏んでいます。

過去のレースを見ると、コーナーの回り方があまり上手には見えず

大外一気の展開ばかりなので、今回最内枠に入ったことがどのように変わるか。

ただ、残り200mの脚はいい物を持っていますし、

父ゴールドシップ、母父キングカメハメハ 荒れた馬場の方が実力を発揮してくれるはずです。

 

※13.ラインベック

この馬は、はっきり言ってロマンです。

父はG17勝、3冠馬ディープインパクト、母は牝馬3冠馬アパパネ

血統的にはロマンの塊です。

両親は共に後ろからレースをして、一瞬で抜き去るレースを得意としていました。

しかし、この馬は先頭集団で走り、じわじわと後続を離していくレースぶりを見せます。

前走は、2.コントレイルにあっという間に離されてしまいましたが

中山コースなら、得意の競馬を出せると思っています。

 

今年最後のG1レースなので、少し点数多くなりますが

3連単 ⑤⑦-②⑤⑦-①②⑤⑦⑬ の12点

これで勝負したいと思います。

ホープフルステークス(予想)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です