ホープフルステークス(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2019年12月28日、2019年最後のG1レース、ホープフルステークスが開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

3連単 ⑤⑦-②⑤⑦-①②⑤⑦⑬ の12点でした。

今回は、思い切りやらかし感を出してしまいました。

買っている馬はあっているのに、買い方が違い当たりませんでした。

 

今日のレース、私の展開予想では

1番人気馬の2.コントレイルが内側で包まれて、スパートが遅れ差し切れずでした。

しかし、道中を4番手で進み、前に邪魔になる馬が一切居ない、コントレイルにとって好展開。

それはもう、勝ってくださいと言っているようなものでした。

実力は前評判通り、強かったです。2020年のクラシックレース本命に上げられるべき1頭だと思います。

 

私が本命にあげていた、5.ヴェルトライゼンデも良いレースをしていましたが

コントレイルより後ろからの展開では勝ちきれません。

 

2019年秋シーズンは3連単ノーヒット・・・申し訳ない

近しい予想は多いですが、フォーメーション+小点数は、改めて難しいなと思いました。

春のG1シーズンが始まるまでに、またコース傾向や親馬の傾向などを勉強しなおします。

  

G1がシーズン始まるまでは、この前から再燃したボウリングに打ち込みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です