迷走神経反射による失神

こんにちは、いっくんパパです。

 

元々私は腹痛持ちで、日中も去ることながら、寝ている時も1~2週間に一度のペースで目が覚めます。

今日もまた、寝ている最中に、腹痛に襲われて目が覚めました。

しかし、今日の腹痛は普段よりも痛みが強かったのです。

寝ぼけながら、トイレへいき着席。

 

その直後、きゅーっと血圧が下がっていく感覚が襲ってきました。

「あ、これいつものやばいやつだ・・・」と思ったので、体を丸めた直後

前のめりに失神しました。

 

私の家のトイレは、扉から便器までの距離がそれなりにあります。

そのおかげで、扉の壁や縁などにぶつかることはなく、少し顔を打った程度で助かりました。

 

私は、今回の失神を含めて、過去に8回失神しています。

激しい痛みのあとの失神が5回

立ち上がった時の眩暈から、呼吸を整えられず失神が3回

それ以外にも何とか失神を防げたこと、数知れずです。

 

どれも全て脳に血液が回らなくなるような感覚のあと、倒れていて

「あ、ヤバい」という前兆があります。

ただ、前兆の後1~2秒後には失神しているので、できることは限られています。

出来る限り体制を低くして、倒れた時に頭を守ること

です。

それでもまだ余裕があるなら、深呼吸をして横になっています。

もし私と同様の症状がある人は、頭を打たないようにだけ気をつけて下さい。

 

倒れた後、意識を戻した後の行動ですが

意識が戻ったからといって、体は動きません。

時間が経てば動けるようになるのですが、手をぐーぱーさせて、血流を活性させることで、

普通の時より早く、体を動かせるようになります。

ただ、失神から目覚めた時は、ぐーぱーさせることも思い出せないほど、ぼーっとしています。

考えたくはないですが、日頃から意識しておくことで、無意識に手をぐーぱーするようになります。

 

これらの症状を、友達の看護師に相談したら

「迷走神経反射」の症状だと、悩む暇なく回答されました。

「迷走神経反射」で死亡する例もある、油断できない症状です。

 

失神は防ぐことができない現象ですが、被害を軽度にすることはできます。

また、クセになっている人は「神経内科」に掛かってください。

自分が出来る対処方法をしっかり学んでおいて、いざと言う時の被害を最小限に食い止めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です