面倒だと思う家事は何?~同居編~

こんにちは、いっくんパパです。

以前、単身赴任時に面倒だと思っていた家事を紹介しましたが、

今回は、同居中に面倒だと思う家事を紹介したいと思います。

条件としては、妻・子供との同居で、子供は小学生と幼稚園児がいます。

部屋の掃除

迷う余地もなく、群を抜いて「部屋の掃除」です。

単身赴任や一人暮らしであれば、部屋が汚れるのは自分で散らかすからです。

しかし、同居だと自分以外の誰かが部屋を散らかします。

相手が大人であれば、注意すれば治ったり、片づけてくれることもありますが

子供は容赦がないです。

・使ったら使いっぱなし。

・遊んだものはそのまま、違う遊びを始める。

・元の位置に片付けない。

せっかく片付けたと思っても、1時間もしたら元通り、無限ループです。

1日に何度も掃除機を掛けたりと、次から次へ家事が増えていきます。

 

そんな無限ループを何とかするためにやっていることは、

出来る限り「目に見える場所に物を置かない」です。

私の家のリビングに置いてあるものは、「テレビ」「ソファ」「ゴミ箱」です。

それ以外は一切何も置いていないので、リビングに置き去りにされている物があれば

子供が出した物がほとんどとなるので、子供を注意できます。

私が片付けてしまうと、次も片付けてくれると子どもが思ってしまうので、

粘り強く注意して、たとえ時間が掛かったとしても、

自分で片付けるクセを付けさせるようにしています。

それでも片付けずに寝る時は、出したままのおもちゃなどを数日隠したりしています。

子供に意識付けをさせることも含んでいるので、非常に疲れる家事です。

 

皿洗い

2つ目は皿洗いです。

家族が増えれば増えるだけ、使う皿は増えます。

しかし、食事の回数が減ることはありません。

一緒に暮らしている限り、無くなることがない家事です。

しかも1回あたり、20~30分程の時間を取られてしまいます。

 

その20~30分の時間があれば色々なことが出来ます。

そこで、私は自分の小遣いを使い、食洗機を導入しました。

そのおかげで、食洗機に皿を入れる時間だけで済むようになり、

食洗機に入らない鍋は自分で洗ったとしても、

5分あれば皿洗いに関わる時間が終わるようになりました。

 

値段はピンキリではありますが、5万円前後で毎日20分以上

ゆっくりする時間が増えるのであれば、決して高くない買い物だと思いま導入しました。

ちなみに私が購入したのは、これです。私の家は5人家族ですが、十分満足しています。


食洗機を導入したおかげで、皿洗いで腰をかがめる時間も減ったので

腰痛持ちの人には、おススメしたいと思います。

新築の家では、標準装備になっています。

使うまでは、実際どうなの?と思いましたが、使い始めてからは、本当に便利だと思いました。

 

まとめ

単身赴任と違い、同居では住民の数が違います。

洗濯や掃除は人が多くなれば多くなるほど、時間が掛かってしまうと割り切れます。

それでも、面倒な家事は面倒です。

 

住民の数が多いんだから。自分一人で全て終わらせることは辞めて

役割分担して、みんなでやることが重要だと思います。

子供や旦那がどれだけ言っても、やってくれない。という場合

もしかしたら、当たり前のようにしてくれていて、

本当に知らなかったり、理解していない可能性もあります。

 

仕方ないからやるではなく、一緒にやらずにおいて

言ってくるのを待って、これだけのことをやっているんだよ、と意識させることも

必要かもしれません。

家族だからこそ、一人で抱え込まずに協力してやりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2020年仕事始め

次の記事

頭痛週間