三河~浜松旅行。~岡崎城~

こんにちは、いっくんパパです。

今回、連休を利用して三河~浜松方面に、1泊二日で行きました。

 

単身赴任が終わってから、頻繁に旅行に行っているような気もしますが

子供達が中学生や思春期になって、付いてこなくなるのも時間の問題なので

近場ですが、いけるうちに色々なところにいっています。

今回の旅行は、愛知県の三河~静岡県浜松に掛けて、遊びに行きました。

 

岡崎城

家を出てから最初の目的地は、愛知県岡崎市にある「岡崎城」です。

私と妻、次女が城好きということもありいきました。

 

岡崎城は、1452年に砦として築城され、別名、龍城ともよばれています。

かの天下人、徳川家康が生まれた城として有名です。

現在にある岡崎城は、1959年に復興された天守なので、当時の物ではありません。

 

岡崎城のある岡崎公園では、城門が構えています。

国道1号線のすぐ真横にある城門

この城門をくぐると、岡崎城のおもてなし武将隊

グレート家康公「葵」武将隊が、土日祝の11:00と14:00からの2回

雨天中止ですが、公演をしています。

平日も演舞はないものの、おもてなしとして敷地内を練り歩いていて

記念撮影などに応じてくれます。

稲姫の小柄だけど、迫力のある演舞、格好良かったです。

 

そのほかにも、からくり時計が時間になると、動き出したりもしました。

 

岡崎城のすぐ真横には、龍城神社なる神社が併設されていて

1月ということと、成人の日当日だったこともあり、多くの参拝客が居ました。

 

いざ岡崎城の中に入ると、1959年に復興された時に、鉄筋コンクリートで立てられたこともあり

犬山城などの現存するお城と比べると、歩きやすかったり、

畳みの部屋がないことなど、少々味気なく感じる部分もあります。

それでも、当時を再現する雰囲気に入りこむことは出来ました。

 

入城料は、大人(中学生以上)200円、子供(5歳以上)100円で入ることが出来ます。

車で行く場合は、敷地内に駐車場があり、30分100円で停められます。

 

おもてなし武将隊含めて、城好きにも楽しめる作りをされているお城でした。

道中だっので、2時間少々で次へ移動してしまいましたが、十分に楽しむことができたので

またゆっくり行きたいと思います。

 

~次回、浜松編~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA