三河~浜松 最終目的地~東公園~

こんにちは、いっくんパパです。

岡崎城、うなぎパイファクトリーに行った旅行も、最後の目的地に移動しました。

岡崎市東公園動物園です。

1日目に岡崎城に行っているのに、帰りも岡崎市東公園かい!

という岡崎通、さすがです。

 

岡崎城と岡崎市東公園は、距離にして5㎞も離れていない距離にあります。

なぜ1日目に行かなかったかというと、「岡崎城に長居しすぎて」時間が無くなったからです。

ですが、別で行って私としては良かった、という感想です。

 

岡崎市東公園動物園は、岡崎市が運営する市民公園兼動物園です。

この公園、駐車場も入場料も無料なので、気軽に行くことができます。

動物園には、サルやフラミンゴ、ミーアキャットやカピバラなど

市民公園とは思えないバリエーションを飼育しています。

更に珍しい動物が居て、なんとゾウを飼育しているんです。

このゾウ、51歳なんです。

高齢で経験豊富なこともありますが、ベルトコンベアになっている緑のパイプを

鼻で動かして、エサを回収して食事するんです。

その姿だけで、いつまでも見ていられます。

 

これだけじゃなく、オウムやラマ、ミニチュアホースなども居て

無料でこんなにも見ていていいのかと思えるほどなんです。

 

更にこれ以外にも、小動物とふれあえる、ふれあい広場があります。

当日は、時間が遅くなってしまったため、締め切られていましたが

通常は11:00と14:00ごろから、うさぎを膝の上に乗せてもらえて、触ることができます。

触れ合いコーナー近くに居たウサギたち

 

市立公園併用なので、しっかり子供用の遊具もあります。

2歳、3歳くらいの子供だと、少し難易度の高い遊具が多いですが

小学生の子供なら、ガッツリ遊ぶことができる公園でした。

ただ、人も非常に多く、サッカーをしている子が多かったので

ボールの行方だけはしっかり見ておかないと、子供がケガをする可能性があるので

注意が必要だと思いました。

 

今回立ち寄った「岡崎城」「うなぎパイファクトリー」「岡崎市東公園動物園」

大人も子供も楽しむことができて、有意義な旅行となりました。

中々子連れで泊まりの旅行の時に、お城めぐりをする人も居ないかもしれませんが

子供の何かしらのきっかけになる可能性が高い場所だと、私は思います。

旅行は行くけど、目的地があまりない場合に選択肢に入れていいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です