フェブラリーステークス(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

2020年2月23日(日)東京競馬場で「フェブラリーステークス」が開催されます。

フェブラリーステークスは、当該年度JRA開催の最初のG1レースで

名前の由来は2月(フェブラリー)から来ています。

このレースは、ダートレースで行われるレースとなっており

芝の予想とは、また違った難しさがあります。

出走馬

16頭の出走となっており、7歳以上の馬が6頭も出走するレースとなりました。

G1勝利経験のある馬も、4頭出走予定となっています。

予想

◎2.アルクトス

出走経験は他馬と比べるとそこまで多くはない物の、

順調に実績と経験を積んでいます。

今回のレースでも、道中4~5番手程度で運んでいき、

最後の直線で伸びていってくれるはずです。

懸念材料としては、5.インティが逃げるはずですが

豊マジックと言われる、ペースに惑わされないかだけが気になります。

 

○10.ノンコノユメ

2年前のフェブラリーステークス優勝馬です。

近走は年齢もあり、結果が伴わなくなってきましたが

あの時に見せた末脚、今一度見せてもいいのではないだろうか!

展開がハイペースになれば、この馬も十分いけるはずです。

 

△5.インティ

昨年のフェブラリーステークス優勝馬です。

近走では、惜しいレース続きですが、十分勝てる実力はあります。

しかし、東京競馬場は直線が長いので

△としました。

 

※ワンダーリーデル

実績はそこそこの馬ではありますが、東京1600mのダート戦

実はスタートが芝から始まります。

大外の馬は、芝で走る距離が長く走れるのでスピードが付きやすいメリットがあります。

そこでスピードに乗り、鞍上の横山騎手の見事なレース運び

有り得なくはないです。

しかも当日、横山騎手は誕生日です。

そんなミラクルが起きてもおかしくないのが競馬です。

 

他にも、4.タイムフライヤーや12.モズアスコットなど

強い馬は多数居ますが、キリがありません。

 

そこで予想は

2-10-5

10-2-5

17-2-5

この3点で勝負です。

フェブラリーステークス(予想)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です