高松宮記念(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2020年3月29日(日)中京競馬場で史上初無観客で

G1レース高松宮記念が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

8-16-15,8-15-16の2通りでした。

本命にあげていた8.グランアレグリアと

対抗にあげていた16.モズスーパーフレアが

2着、1着とかなり惜しい予想が出来ていました。

ただ、15.ナックビーナスはさすがに狙いすぎたか、と言う結果となってしまいましたが

かなり当たりが近づいてきている気がしました。

 

11.クリノガウディーは2勝目をG1で取れたかと思うほどの勢いがありましたが

左へよれてしまったタイミングに3.ダイアトニックが突っ込んでくるなど

不運の部分もありました。

結果4着に降着となり、鞍上の和田騎手も9日間の騎乗停止

後味の悪い終わり方となってしまいました。

 

とはいえ、勝った16.モズスーパーフレアと鞍上の松若風馬騎手

共にG1初制覇おめでとうございます。

松若騎手は若手の中でも、実力がありちょくちょく馬券に食い込んでくれる騎手で

ついにG1騎手の実績を手に入れました。

今後のG1で松若騎手が騎乗する馬も、注意が必要になりましたね。

 

来週は阪神競馬場でG1レース「大阪杯」が開催される予定です。

来週のG1も実績馬が多数出る予定をしているので、

過去出走レースを見てデータ取りをしていかなくては・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

高松宮記念(予想)

次の記事

何が違うんだろうか