桜花賞(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和2年4月12日(日)は阪神競馬場で「桜花賞」が開催されます。

桜花賞は、外周に桜の咲いている中走る、3歳牝馬限定のクラシックレースです。

3歳牝馬のクラシックレースは「桜花賞」「オークス」「秋華賞」があり、1冠目を目指す戦いとなります。

 

出走馬

フルゲートの18頭で開催予定となっています。

2歳牝馬G1に勝利したレシステンシアも順当に出走します。

ただ、阪神は明日の朝8時頃から雨天予想となっていて、

レース予想が非常に難しいです。

 

予想

◎11.クラヴァシュドール

前走のチューリップ賞では、収支最内でレースを展開しての2着

勝馬とはタイム差もなく、勝ってもおかしくない展開でした。

前回は阪神3日目とはいえ、勝馬のマルターズディオサは荒れていない馬場を走りました。

今回は阪神6日目、更に枠順がマルターズディオサと真逆の位置でレースを展開できます。

どこまで道悪適正があるかは未知数ですが、先行型の脚質であり、同じ舞台で強い競馬をした実績があります。

現時点では6番人気程度となっていますが、勝ち負けが十分考えられると思います。

 

○17.レシステンシア

本当はこの馬を買う予定はありませんでした。

しかし対抗まで評価を上げさせていただいた理由は2つ

・当日が雨の予想となっていて、逃げ馬が非常に有利だと個人的に思っていること

・鞍上が武騎手に乗り替わり、北村騎手には申し訳ないが、鞍上強化と判断した

実力は前走、前々走を見ても間違いなく高いです。

ゲートの巧さも抜群です。

当初外そうとしていた理由は、前走の最後の伸びが気に掛かったことと、

晴れた場合、有力な差し馬が来ると予想していたためです。

実力は間違いなくある馬なので、買わせてもらいました。

 

▲4.サンクテュエール

現在3番人気のサンクテュエール

前走、前々走を見てもゲートがあまり上手ではなく、ダッシュが付きにくいです。

その割に先行脚質なので、ゲートを出てスピードが付くまでにスタミナを使ってしまっています。

ゲートをうまく出てダッシュが付いた場合は、勝利も見えてくる怖い馬です。

 

△8.リアアメリア

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは、折り合いを付けたにもかかわらず

最後の直線で伸びがなく、6着に敗れました。

持っているエンジンは1,2位を争うもので、うまく走れた場合、1着も考えられます。

ただ、あいにくの雨、差し脚がどこまで届くのか、不安が多い1頭です。

 

☆13.マジックキャッスル

浜中騎手に乗り替わり参戦です。

前走、前々走惜しいレース続きです。

脚質的には後方からくる差し馬タイプなので、雨の馬場が合うかはわかりません。

ただ、浜中騎手に乗り替わることで、本来の脚質以外の乗り方をされた場合

掲示版までには来てもおかしくない馬です。

 

現在1番人気のデアリングタクトは、雨の予想なので外しました。

後方タイプ+あまり雨が得意ではない騎手だと、私は思っています。

 

今回の予想ですが、いつもより点数は多く

⑪⑰-④⑪⑰-④⑧⑬

変則買いとなりますが、10点で勝負です。

桜花賞(予想)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA