紫外線アレルギーがツラい時期になりました。

こんにちは、いっくんパパです。

桜が散りだした今日この頃、スギ花粉が落ち着きはじめましたが

また新たに嫌な時期物が到来します。

「紫外線」です。

私、7年程前から紫外線アレルギー(日光アレルギー?)を発症しています。

もしかしたら光アレルギー性接触皮膚炎かもしれません。

※光アレルギー性接触皮膚炎とは、湿布に含まれるケトプロフェンが紫外線にあたると成分が変化し、生まれた成分がアレルギー反応するものです。湿布を付けている時、日光や紫外線には絶対にあててはいけません。

 

私は紫外線を浴びると、肌がボロボロに荒れたり、熱が出たりといった弊害が出ます。

紫外線アレルギーになった原因は、わからないのですが

湿布を付けた状態で日光にあたったことがあるのかもしれません。

 

この紫外線アレルギーを防ぐ方法はあまりなく、紫外線を浴びないことが一番です。

気温が高くなっていくこの時期に、紫外線を浴びないようにするため

常に長袖長ズボンです。

更に、首筋に日光が当たらないように、ハイネックかタオルを巻いています。

 

はっきり言って、暑さとの戦いや日陰に居ないとツラいなど、制限が多いです。

なので、症状がない人でも、湿布を貼って日光に当たるだけでも、症状が出てしまったりするので

湿布をよく服用する人は、特に注意してください。

同じような症状の人が増えませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA