NHKマイルカップ(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2020年5月10日(日)東京競馬場で「NHKマイルカップ」が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

②⑰-②⑰-③⑤⑭⑱の8通りでした。

 

展開予想では、レースはハイペースで進み、後方から来る馬達が差し切ることを想定していました。

結果は、1000mを58.0だったので、ハイに近いミドルペースでほぼほぼ予想通りの展開でしたが

想像以上に前2頭の脚が止まらず、そのまま決着してしまいました。

 

今回勝利した11.ラウダシオンは、逃げた3.レシステンシアの2番手で道中進み

直線に入ったところで、3.レシステンシアより良い脚を繰り出して見事な競馬でした。

前走のファルコンステークスより、距離が200m伸びていたので

スタミナが持たないかと思っていたので、買うことはできませんでした。

 

本命に上げていた2.タイセイビジョンは、悪い予想通り道中最内の5~6番手を走っていき

上がり600mも勝馬より0.1秒遅い脚となってしまったため、勝ちきれませんでした。

 

それにしても17.サトノインプレッサはどうしたんでしょうか

直線に入るまではロングスパートの様相で押し上げて行っていましたが

直線に入ると全くギアが入らず、ヨレてしまっていました。

 

今回のレースは逃げ・先行馬が想像以上に強く、展開が全く合わなかったため完敗です。

 

次週のヴィクトリアマイルでは、G16勝馬のアーモンドアイが参戦するなど

多数の実力馬が出走予定です。

また予想が難しくなりそうですが、次週も予想します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA