ヴィクトリアマイル(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和2年5月17日(日)は東京競馬場でヴィクトリアマイルが開催されます。

ヴィクトリアマイルは、牝馬限定の1600m戦です。

またこのレースは荒れやすいレースで、2015年には

G1史上最高配当の、3連単20,705,810円を記録しています。

そのため、穴馬も注意する必要があります。

 

出走馬

G16勝馬、アーモンドアイを始め、G1勝利経験のある馬が複数頭出走するなど

近年のヴィクトリアマイルの中でも、たくさんの実力馬たちが出走します。

 

予想

◎12.アーモンドアイ

実力、実績№1のアーモンドアイを本命にあげます。

自在性があり、道中どこのポジションからでもレースをこなすことが出来ます。

末脚勝負でも、先行逃げ切りでも、強い競馬を出来るのはとても魅力的です。

ただ、体力面に不安がある馬なのも実情としてあります。

前走有馬記念から5ヶ月ぶりの競馬で休養はあるように見えますが

途中、3月にドバイワールドカップ出走のため、輸送されています。

輸送後中止が決定したため、出走こそしていませんが、長時間輸送されていて

体力面は戻っているのか、気になります。

それでも、無事出走できれば、勝ちきれるだけの能力はあると思っています。

 

○18.サウンドキアラ

昨年のヴィクトリアマイルでは、15番人気7着と全然眼中にされていない馬でしたが

そこからの1年で5戦4勝(内:重賞3勝)など、実力を付けてきました。

大外枠、久しぶりの左回りなど、割引要素はありますが

勢いそのままに、G1馬へ駆け上ってほしいです。

 

▲7.ダノンファンタジー

2歳牝馬G1の勝利馬です。

3歳はトライアルレースは勝つものの、本番のG1では勝ちきれず4歳を迎えました。

勝てていないレースは先行しているレースばかりなので

後ろからの末脚勝負をしたなら、十分勝てる末脚は持っていると思っています。

鞍上の川田騎手も、G1では中々結果が出ていないので、そろそろ一発を狙ってくる

そう考えたくなります。

 

△1.ラヴズオンリーユー

昨年の優駿牝馬勝利馬です。

出走は半年ぶりで、どちらかと言えば中距離路線を走っていた馬ですが

雨の様子や馬場がどれだけ回復するか、わかりません。

実績から2番人気にあがっていますが、スタミナが必要な展開なら、怖い存在です。

 

△16.ノームコア

昨年のヴィクトリアマイル勝利馬です。

中団から差してくる競馬で、レコードタイムで勝利するなど、強い競馬でした。

ただ、その後は勝利を掴めずに、1年ぶりの同じ舞台です。

ヴィクトリアマイルは、勝利後思ったような成績を出せず人気を落とした馬が

復活の狼煙を上げるような走りを見せることが多々あるので

△までとしました。

 

☆14.スカーレットカラー

前走の阪神牝馬ステークスでは、直線に入ってから徐々に進出して

途中馬と馬の隙間を抜けてもなお、前に壁があったにもかかわらず

更に脚を伸ばして2着を死守しました。

調教タイムも一番良く、万全な仕上がりも見せています。

大外一気差し切りも十分考えられる馬だと思っています。

 

以上のことから3連単で

⑫-⑱-①⑦⑭⑯ の4通りと

⑭-⑫-①⑱   の2通り

計6通りで勝負したいと思います。

ヴィクトリアマイル(予想)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA