日差しが強くて体がキツイ

こんにちは、いっくんパパです。

5月も中盤に入り、夏が近づいてきました。

毎日の天気予報でも、紫外線の量を紹介されたりしていますが

私にとっては、花粉の量と同じうらい紫外線の量はツラいものがあります。

 

というもの、紫外線アレルギー(だと思う)のため、日光に直接当たった場所は

赤く腫れて、とても痒くなります。

それ以外にも、体力の消費が激しくなり、頭痛や腹痛に悩まされます。

 

今日は子供達の面倒を見るため、会社は休みを取ったので

昼間に散歩に出歩きました。

その際も、長袖長ズボンで完全防備したつもりでしたが、甘かった・・。

首筋の部分が出てしまっていて、そこからは頭痛と腹痛、熱を帯びた首筋のかゆみに襲われています。

 

日焼け止めを塗れば、多少は緩くなったり、アレグラなどの抗アレルギー薬を飲めば

多少耐えられたりもしますが、それでも限界があります。

 

この紫外線は10月過ぎまで続くので、気温が高い中、長袖長ズボン、首にタオル、帽子をする完全防備です。

更に今年は、新型コロナウイルスの関係上、マスクも付けることになりそうなので

熱中症にも注意しながら、今年の夏も耐えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA