小学0年生説が我が家は直撃します

こんにちは、いっくんパパです。

新型コロナウイルスの影響で学校生活は大きく変わろうとしています。

9月入学が導入検討段階で、進んでいる中で移行案の1つとして、

「小学ゼロ年生」の導入があがっている、とニュースで上がっていました。

 

この案では、2014年4月2日から2015年4月1日生まれ(現在の年長クラス)と

2015年4月2日から6月1日生まれ(現在の年中クラス)が新1年生になるという案です。

児童の数が14ヵ月分(4月生まれ~次年6月1日まで)居ることになっています。

 

また、2021年3月に保育園卒園後、4月から8月の5ヵ月間は「ゼロ年生」で

2021年9月から小学1年生になるという案となっています。

 

もしこの案が成立した場合、私の長男は現在年中クラスです、が

誕生日が4月なので、繰り上がりに該当します。

 

つまり、年中のまま2021年3月に保育園を卒園して

2021年4月からは小学ゼロ年生として過ごし、2021年9月には新1年生となります。

 

仲のいい友達が1学年上と、同級生(5月生まれ)に居るので、タイミングとしてはいいんですが

保育園生活がいきなり今年で最後となる可能性が出てきました。

 

つまり、6歳になる前に小学0年生になります。

現年長クラスの4月生まれの子とは、丸々1歳離れているので

考え方や行動が今までの4月から3月の学年以上に離れていく懸念もあります。

それに、現年中クラスからどのタイミングで年長クラスへの移管がされるのかによって

現行での1学年上の子と友達になれるかなどもあります。(子供なのでよっぽどは大丈夫でしょうが)

 

私の家では該当しませんが、もし4月生まれと4月か5月生まれの年子の親の人は

子供が同時に小学生になることになります。

そうすると、ランドセルなど学校の準備で支度金が2倍掛かります。

かなり生活がきつくなりそうですよね。

ただ、子供は同じクラスに兄弟が居ると気は楽かもしれませんね。

といっても、2クラス以上ある場合は、まず同じクラスにならないでしょうが・・。

 

などなど、懸念もあれば楽しみの部分もある9月入学説

年長生活が見られなくなるのは残念ですが、私は賛成です。

 

どんな説になったとしても、困ったり大変なのは一番最初だけです。

半年や1年経てば、それが当たり前になるし慣れます。

今までの日常ではありえなかった変化がやってきたので、この変化を受け入れて

保守的な考え方の日本から脱却してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA