宝塚記念(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2020年6月28日(日)阪神競馬場で「宝塚記念」が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

⑱-③⑤-③⑤⑪⑯の6通りでした。

 

レースは、逃げると思われたキセキが出遅れて後ろからの展開になる中始まりました。

向こう正面あたりから徐々にポジションを押し上げて

3コーナー過ぎからは、ラッキーライラック・キセキ・クロノジェネシスが先頭に張り付くまでとなりました。

 

4コーナーから直線に向くころには、ラッキーライラックは追い始めていたのに

キセキとクロノジェネシスはまだまだ馬なり。

この時点で勝負ありと思えましたが、そこから更に差を伸ばしていき

2着と6馬身、3着とは更に5馬身の差を付けての圧勝でした。

 

本命にあげていたブラストワンピースは、勝馬と同じポジションで展開していたものの

一緒にあがっていけなかった時点で諦めました・・。

 

それにしてもクロノジェネシスは本当に強かったです。

まだ一度も牡馬に先着されておらず、まだまだ4歳

秋のG1シーズン国内メインでも国外メインでも

これだけ道悪を苦にしないのは、楽しみでしかありません。

 

これで前半のG1が終わりました。

私の収支は12戦2勝

支出:7,400円

収入:12,480円

差額:5,080円(回収率169%)

と、無事プラス収支で終えることが出来ました。

 

少ない点数での購入なので、的中率は低いものの

一度でも当たれば回収率に期待ができます。

秋競馬が始まる9月まで、楽しみに待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

宝塚記念(予想)