退職の時の心境はどうなの

こんにちは、いっくんパパです。

私は仕事柄、社員の退職を見ることが多いです。

退職をする時の心境っていったいどうなのかな、と思うことが良くあります。

 

私自身も入社3年目ごろまでは、頻繁に退職を意識することがありました。

当時の私は、会社のやり方や考え方が常におかしい、変だと思っていました。

この会社のやり方変だ、だけどみんなそのやり方が正しいと思っている

そんな環境がくだらなすぎて、嫌気がさして退職したい、と考えることが多かったです。

 

そんな私ですが、10年経った今でも同じ会社に勤めています。

なぜ辞めたい気持ちが出ていたのに10年も続いているのか

理由は大きく2つあります。

 

1つ目は、結婚したことで収入を得る必要があったことです。

私は23歳で結婚をしました。

23歳なら転職先もたくさんあったかもしれません。

ただ、変な会社ながら定時で帰ることが出来て、収入も安定していたので

会社を辞めることはありませんでした。

 

2つ目は、辞めたいと思うくらいなら好きなようにやろう、と思えたからです。

退職を考えるということは、その会社に魅力が無かったり、嫌気がさしていることが大半だと思います。

「こんな会社さっさと退職して、縁を切ろう。」

そういう風に思うのはごく自然のことでしょう。

ただ私は、別に退職はいつでも出来るんだから、自分のやりたいようにやろう、と言う気持ちで仕事をしています。

その気持ちになると、会社で何を言われても気になりません。

また、自分が思うように発言が出来るので(最低限のTPOを意識はしますが)ストレスがほとんどありません。

そういった発言をすればするほど、信頼されたり仕事を任せられるようになってきました。

 

たまたま私のやり方が、私の勤めている会社に合っただけかもしれませんが

結果退職するのであれば、言いたいことを言った方がいいです。

それで会社が変われば、続けようと言う気になるかもしれません。

変わらなければ、さっさと辞めてしまえばいいです。

 

今退職を考えている方へ。

退職したい理由は何ですか?

会社への不信感?

給料が安い?

一緒に働く人が変な人しかいない?

どんな形でも理由があると思います。

ただ退職するくらいなら、上司や上層部へ発言してしまいましょう。

もしかしたら、上司や上層部にとって目から鱗のことかもしれません。

そうなったら、会社が変わっていくきっかけに繋がります。

 

辞めたくなったら、1日でも早く関係を切りたいですが

最後に爪痕を残すのも面白い時がありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です