娘と眼科へ行ってきた。

こんにちは、いっくんパパです。

小学4年の長女が学校から、視力に関する紙をもらって帰ってきました。

視力が悪い人なら経験したことがある、眼科へ行ってください案内です。

学校で視力検査をした結果、左目はAだったものの、右目がBだということでした。

 

私も妻も視力が悪いので、いつかは視力が落ち、眼鏡生活になると思ってはいましたが

小学4年にして、ついに来たかという感じです。

 

眼科へ行って、再度視力検査をしたところ、学校からもらってきた日から時間が経過していたのか

両目ともC(0.5程度)へ低下していました。

眼科の先生曰く、眼鏡生活を始めるか、授業中だけ眼鏡を付けるか、裸眼のままもう少し生活するか

と、3つの選択肢を提示されました。

どの選択でも対応できるように、処方箋をもらって少しだけ眼鏡に慣れる時間を作ってもらいました。

 

眼鏡を短時間付けた娘は、とても見やすい環境に楽そうな顔をしていましたが

眼鏡を付け始めたら、視力低下速度が一気に加速していく気がするので

今回はまだ眼鏡を購入せず、もうしばらく裸眼での生活を続けて行く選択をしました。

 

私自身も小学2年生の頃から視力が低下し、小学6年生から眼鏡生活を始めたので

娘も同じような状況にさせてしまい、申し訳ないなと思う部分もありますが

ゲームをする時の時間が守れなかったり(子供なので仕方ない)

暗いところで読書をしたり、とにかく目を酷使することが好きなので

悪くなっても仕方ないと思える部分もあります。

 

子ども自身も視力が低下していることを実感したので

親としてしてあげられることは、今まで以上に目を使っていることを注意してあげることくらいなので

注意深くみて、視力低下を少しでも遅らせて上げれたらな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

慣れは怖い