パソコン初心者、インターネットでパソコンを買う

こんにちは、いっくんパパです。

これまで、ノートパソコン(2010年製)を使っていましたが、

・充電機能の劣化で、ケーブルを刺したままじゃないと起動しない

・時計機能が正常に作動しない

・Windows10を容量やメモリ不足などからインストールできず、Windows7のままだった

など様々な理由から、意を決して新しいパソコンを購入しました。

 

今まで購入する時は、店舗で説明を受けたり、価格を比べながら購入をしていましたが

今回は、インターネット購入をしました。

ただ、インターネット購入だと、パソコン初心者にはどれを買えばいいのか、さっぱりわかりません。

そこで、様々なサイトを見て比較をして購入に至りました。

 

まず、どのような使用用途として考えているかで大きく変わります。

その時に重要となるのがCPUと言われる部品です。

「Celeron」<「Pentium」<「Core i3」<「Core i5」<「Core i7」<「Core i9」

の順番に性能が上がっていき、価格も上がっていきます。

適正用途としては、

「ネットの閲覧」<「簡単な事務作業」<「多くのデータ処理」<「動画編集」<「eスポーツ」<「最大級」

となっていきます。

しかし最近はAMDという種類のCPUも出てきているので、もうわけわからん!となるので

ひとまずは、上記に記載した性能を意識すれば大丈夫です。

 

パソコンは日頃、仕事での事務作業程度という人が、自宅用に購入する時はどの程度の使用用途をするのかが重要となります。

私はYoutubeを見ながら、麻雀ゲームをするなど、マルチタスクで使用することが多いです。

マルチタスクをする時は「多くのデータ処理」を行うので、「Core i3」以上のスペックであれば

あまり動作も気にすることなく使用することができると考え、購入しました。

 

パソコンには、それ以外にもメモリや記憶容量のHDDまたはSDDなどが記載されています。

それらの部分については、インターネットで販売されている商品は大体同じようなスペックとなっているので

あまり意識しなくても問題ありません。

 

今回私が購入したパソコンのスペックを店舗で購入した場合、3万円程度高くなるため

自分としてはかなり安く買えたと思っています。

携帯・スマートフォンである程度のことができるようになった世の中ですが

パソコンが必要になるときもあるはずです。

パソコンを購入する時は「使用用途」を重要視した上で、「希望価格」とにらめっこすることで、

店舗で買うより幾分かお手頃に、自分に合ったパソコンを見つかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です