内定式の新しい形?

こんにちは、いっくんパパです。

新型コロナウイルスが蔓延して早いもので半年以上が経過しました。

コロナ禍の中で、様々な活動やイベントが自粛となっていましたが

気が付けば令和3年度の新入社員へ向けた内定式の季節となりました。

 

内定式は、必ず開催しなければいけないと言うわけでもなく、むしろ開催する会社は減少傾向にあります。

しかし、入社するまでに内定者はたくさんの不安があるので、フォローを含めて開催している企業もまだあります。

開催方法は例年ならば、会社まで呼び顔と顔を合わせて内定通知を渡したりすることが多いですが

今年はテレビ会議を活用した内定式の開催が検討されていることでしょう。

 

幹部クラスに新しい手法を説明することは大変ですが、浸透することができれば

他の会議方法なども一気に進展していくことに繋がります。

今こそ、新しい手法をたくさん試してより良いものを手に入れていくべきです。

 

前例踏襲や現状維持を無くしていき、会社の経営を良くしていけたら、自分の給料も増えるかもしれません。

今までのやり方が通用しない今こそ、改革を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA