秋華賞(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2020年10月18日(日)京都競馬場で「秋華賞」が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

③⑬-②③⑬-②③⑤⑬⑰の12通りと、いつもより多少多い点数でした。

 

結果からいうと、松山騎手鞍上のデアリングタクトが、無敗の牝馬三冠馬となりました。

前日の予想時点では、前残り展開を予想していましたが

結果としては、前を走った中で残った馬は、〇にあげていた3.マルターズディオサだけという

差し馬有利の展開となりました。

 

差し展開を予想していれば十分買えるレースでしたが、今回は展開から予想を外す完敗でした。

 

優勝したデアリングタクト号と松山騎手、その関係者の方々、本当におめでとうございました。

 

来週はもう1頭の無敗の三冠馬を目指すコントレイルが菊花賞に出走予定です。

また予想が難しくなりますが、新たな歴史の一場面をしっかり目に焼き付けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

秋華賞(予想)

次の記事

菊花賞(予想)