菊花賞(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和2年10月25日(日)は京都競馬場で菊花賞が開催されます。

菊花賞は3歳クラシックレースの最終レースとなります。

先週の牝馬無敗三冠馬デアリングタクトに引き続き、

無敗二冠馬コントレイルが出走予定をしており、1.1倍と圧倒的な人気を示しています。

明日は天気も良く、競馬観戦日和なのですが、入場人数は限られているので、

自宅からテレビの前に陣取り、観戦予定です。

 

出走馬

圧倒的な一番人気コントレイルは2枠3番に入り、万全な体制となります。

 

予想

◎3.コントレイル

前走の神戸新聞杯では、持ったまま追い出して一気に差を広げる

完全な横綱相撲を見せ付けました。

前に付けてよし、差してよしなので、鞍上の福永騎手が気負いすぎなければ

三冠はもう目と鼻の先です。

 

○10.サトノフラッグ

2頭出しのサトノのうち、フラッグです。

弥生賞までは順調に力を見せ付けていましたが

その後の皐月賞、東京優駿ではいい結果は出なかったものの

休み明けの前走、セントライト記念ではまくり気味に上がっていきましたが

逃げたバビットを差し切ることはできませんでした。

今回が2走目なので、前走よりももっといい走りを見せてくれると思います。

 

▲6.ヴェルトライゼンデ

ずっと2着、3着と皐月賞を除いて馬券圏内に好走している馬です

皐月賞の時は、距離が短い感じを受け、東京優駿では上位2頭に完全に実力で負けてはいましたが

3000mの長距離こそ、この馬の得意な距離だと思っています。

昨年の菊花賞優勝馬ワールドプレミアの半弟であるこの馬が、兄に続いて

2年連続の菊花賞制覇もあってもおかしくはありません。

 

△9.アリストテレス

ここまで重賞レースに走ったことがない馬ですが、2000mでのレースで好走を続けています。

血統的にも、3000mでも十分走れると思うところであり、コントレイルなどクラシック勢と

戦ったことがないことをプラスととらえ、候補にあげました。

 

☆14.ヴァルコス

これといって特徴的な部分があまり見当たらないですが

鞍上が三浦騎手病気の影響から、岩田騎手に乗り替わりとなりました。

乗り替わりで走る岩田騎手は、一発狙いをしてきて怖いイメージが、私の中で非常に強いので

マークを付けました。

 

他にも3.ガロアクリークも狙いたいところですが、点数広くしすぎても当たり負けの可能性が高くなるため

 

3連単で

③-⑥⑩-⑥⑨⑩⑭

の6通りで勝負します。

菊花賞(予想)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

秋華賞(回顧)

次の記事

菊花賞(回顧)