エリザベス女王杯(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和2年11月15日(日)阪神競馬場でエリザベス女王杯が開催されます。

先々週までの毎週記録更新の余波を残しながら、G1レースが再開されます。

今回は突出している出走馬は居ないので、予想が中々難しくなってきます。

 

出走馬

フルゲートの18頭での出走となります。

実績がある馬では、18.ラッキーライラックや11.ラヴズオンリーユーなどがいます。

 

予想

◎12.ウインマリリン

前走の秋華賞は4コーナーを超えたあたりから手ごたえが怪しくなり、15着と大敗しました。

しかし前走は馬場が稍重で、先行馬には厳しい展開だったこともあるため、度外視しています。

前走より距離が200伸びることが、吉と出るか凶と出るかわかりませんが

明日は天気が良く、馬場も良馬場で開催となるので、

先行勢が少ない今回のレースでは、前々走までに見せたような、強い走りを見せて

勝ってくれるのではないかと思います。

 

○18.ラッキーライラック

昨年のエリザベス女王杯優勝馬で、今年の大阪杯でも優勝しましたが、前走前々走は思うような走りが出来ていません。

しかし、今回のメンバーや鞍上がC.ルメールに乗り替わることはプラス材料と考えています。

ただし、先行脚質の中、大外枠からの発走のため、勝ち切るのは中々厳しいのではないかと思います。

実力は今回の出走馬の中でも抜けていますが、割引多めということで、対抗までとしました。

 

▲9.ノームコア

前走、札幌記念は実力を見せ付け、久しぶりの1着を取ることが出来ました。

ここ数戦のG1レースでは、実力を出し切れないまま実績を残せてはいませんが

今回のメンバーなら、十分勝ち切れる実力があります。

 

△11.ラヴズオンリーユー

昨年のオークス優勝馬で、昨年のエリザベス女王杯3着馬です。

しかし、それ以来勝ち切れず悩んでしまっています。

本来の実力を出すことが出来れば、このメンバーなら十分勝ち切ることが出来ます。

 

☆5.リアアメリア

デビュー当初は圧倒的な力を見せ付け、怪物級になると思っていましたが

G1レースでは、着外続きで中々結果が付いてきません。

しかし、実力だけを見れば勝ち切るだけの力はあります。

1着か着外か、というつもりで考えていってもいい馬です。

 

 

今回のレースでは、本来の実力を出し切れない馬たちが多く

人気が割れて非常に予想が難しい展開となりそうです。

 

そんな中予想は3連単で

⑫‐⑨⑱‐⑤⑪ 4通り

⑤‐⑨‐⑫⑱  2通り

を変則的ですが、合計6点で勝負します。

エリザベス女王杯(予想)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA