チャンピオンズカップ(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和2年12月6日(日)中京競馬場でチャンピオンズカップが開催されます。

年に2回開催される中央競馬ダートG1のひとつであるチャンピオンズカップ。

今年は、クリソベリルが圧倒的な一番人気に押されていますが、ダート界の予想はなかなか難しいです。

 

出走馬

1番人気のクリソベリルは8枠15番と不利な位置に入りました。

 

予想

◎7.カフェファラオ

現在2番人気に押されているカフェファラオですが、3歳ながら実力は間違いありません。

地方でのレースで一度大敗してしまっていますが、中央競馬では未だ負けはありません。

また、鞍上のルメール騎手はこの秋競馬、絶好調です。

このレースでもカフェファラオを優勝に導いてくれるでしょう。

 

○9.アルクトス

この1年間、中々成績が奮っていませんでしたが、前走の南部杯で1着になりました。

この馬は、東京競馬場での勝ち星が多いので、直線が長い方がいいのかもしれませんが

中京競馬の経験も1走あり、しっかり勝ち切っています。

馬場展開、枠順などから対抗まで押し上げました。

 

▲15.クリソベリル

現在単勝オッズ1.5倍の一番人気に押されているクリソベリル

ほぼ鉄板だと思います。

しかし、2020年に入ってから中京競馬を走っていません。

このことを不安視して、印を落としました。

また、鞍上の川田騎手がこの頃G1では成績を残せていないので

ここで勝利して復活の狼煙を上げてくれればいいですが、今回は▲としました。

 

△5.クリンチャー

6歳に入った2020年、主戦場を芝からダートへ移しました。

ダートを走りだしてから、掲示板を外していません。

前走のみやこステークスで、久しぶりの重賞勝利を果たし、復活したと思っています。

今回も掲示板内に入り、馬券に旨味を見せてほしいところです。

 

☆6.エアスピネル

7歳に入っても元気に走ってくれているエアスピネルですが

2020年に入り、主戦場をダートに変更してから、まずまずの成績を残していて

復活を果たしたのではないかと思いたくなる成績です。

3着までなら十分あり得ると思っています。

 

以上の予想から3連単フォーメーションで

⑦-⑨⑮‐⑤⑥⑨⑮の6通りで勝負します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA