高松宮記念(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和3年3月28日(日)中京競馬場で高松宮記念が開催されます。

春の電撃6ハロンという別名を持つ、短距離戦です。

短距離戦ですが、1200mばかりを走っている馬よりは、

1400mや1600mを走っている馬の方が好走している印象が強いです。

 

出走馬

 

予想

◎10.ラウダシオン

前走のシルクロードステークスで新馬時以来の1200mを走りました。

レース自体は3着となりましたが、可能性を感じる走りでした。

今回のレースでは逃げ馬多数ですが、多くが外枠になったため

少しでも内枠のラウダシオンが戦闘や2番手まで行くことができれば

勝ち切るという予想のもと、本命としました。

 

○16.レシステンシア

2歳ジュベナイルフィリーズの時に衝撃を受け、以来追いかけていますが

その後は中々勝ち切れていません。

今回、初めての1200mを走るわけですが、冒頭にも述べましたが

このレースは1400~1600mを走っている馬の方が

好走しそうな印象を私は持っているため

ここでも十分好走できると思います。

 

▲4.モズスーパーフレア

昨年の高松宮記念優勝馬です。

以降、勝ち切れない展開が続いていますが、今回有力馬が逃げ脚質ばかりです。

紛れて馬券圏内に来てもいいのではないか、と考えています。

 

△15.マルターズディオサ

本当は本命にしたかったマルターズディオサですが

明日はあいにくの雨です。

雨の日に大敗した過去があり、本命にあげることはできませんでした。

しかし、実力、スピードは上位なので馬券圏内、十分あります。

 

☆9.インディチャンプ

今回上げている中で、唯一の差し馬です。

実力もさることながら、今回のレースの有力馬は

逃げ馬が多いため、一発は十分あります。

 

今回上げた展開を考え、予想は3連単で

 

⑩-⑨⑯-➃⑨⑮⑯の6通りで勝負です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA