大阪杯(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和3年4月4日(日)阪神競馬場で大阪杯が開催されます。

昨年度昨年度牡馬三冠馬コントレイルや、短距離・マイル女王グランアレグリアなど

実績のある馬たちが出走します。

しかし、前週に引き続き天候が悪いので、予想は難解になっています。

 

出走馬

1131

13頭立てとそこまで多くはない中、実績のある馬たちがたくさん出走します。

 

予想

◎2.サリオス

三冠牡馬コントレイルと同期の馬で、実力も高い同馬ですが

G1勝利は2歳G1以来ありません。

3歳の頃は、コントレイルが居なければ皐月賞やダービーも取れていたと思われるほどの実力です。

成熟期に入り、マイル~中距離で実力を見せ付けています。

ハーツクライ産駒ということで、天気が雨ということもプラスに働くと考えています。

 

○7.コントレイル

人気・実力ともに高く、アーモンドアイ引退後の競馬界を引っ張っていくべき存在です。

しかし、休み明け初戦と雨の分、対抗評価としました。

 

▲5.ペルシアンナイト

G1戦線で毎回前線をしていて、一部の人から人気の高い馬です。

この頃は凡走続きですが、大阪杯だけは好走をしている不思議な実績があります。

雨という気象条件も加味して、少しおいしそうな馬を選んでみました。

 

△8.レイパパレ

デビューが遅くなり、クラシック戦線を戦うことはできませんでしたが

実力は牝馬三冠を達成したデアリングタクトに劣らないと言われています。

圧倒的なスピードから先行することが多く、実力は申し分ないと考えていますが

ここでは4番目の評価としました。

 

☆12.グランアレグリア

短距離・マイル戦線で才能開花し、一気に競馬会を引っ張っていく存在になりました。

しかし、今回のレースは初めての2000m戦。

スピードや能力は十分戦えるレベルであると思いますが

スタミナがどれだけ持つか、未知数のため評価がとても難しいです。

 

これらのことから、今回の予想は3連単で

②-⑦‐⑤⑧⑫の3点で勝負します。

大阪杯(予想)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

高松宮記念(回顧)

次の記事

大阪杯(回顧)