大阪杯(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2021年4月4日(日)阪神競馬場で大阪杯が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

②‐⑦‐⑤⑧⑫の3通りでした。

 

今日のレースは終始雨が降る中、圧倒的一番人気コントレイルは中団、絶好の位置から展開し

横綱相撲を展開するかと思われました。

しかしレースは逃げたレイパパレが、逃げ馬の王道の勝ち筋

逃げて差す強さを見せ付け、G1初制覇を果たしました。

 

レイパパレは秋華賞に出走できていれば、デアリングタクトの三冠は無かったと言われていた

噂先行型でしたが、ついに本領を発揮し、無敗のG1馬となりました。

 

予想は近いところを打っているものの、ハズレはハズレです。

 

来週は3歳牝馬の一冠目、桜花賞が開催されます。

2年連続の三冠馬が誕生するのでしょうか。

次週以降も予想して、的中を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

大阪杯(予想)

次の記事

桜花賞(予想)