皐月賞(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2021年4月18日(日)中山競馬場で皐月賞が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

⑦-⑧-③⑤⑪の3通りでした。

 

レースは1番人気のダノンザキッドが終始落ち着きを見せられず

残り600mごろから仕掛けていきましたが、全く伸びることなく

16頭中、15着となってしまいました。

 

勝馬は7.エフフォーリアで、鞍上の横山武騎手は初G1制覇となりました。

また、昨年に引き続き無敗の一冠馬となり、自走は日本ダービーが予想されています。

1番人気のまま駒を進めていくと思います。

自走もしっかり勝ち切ったら、2年連続の三冠馬も夢じゃないと思います。

 

予想は残念ながら外れてしまいました。

次週はG1がないですが、2週間後からは6週連続G1レースが開催されます。

1レースでも当てられるよう、頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA