子供が夜中に目を覚まします

こんにちは、いっくんパパです。

この頃、朝晩の気温差が激しく、長男(年長)が咳込む機会が増えました。

ここ数日は、昼間は調子がいいものの、夜中の2時頃になると自分の咳で目を覚ます

そんな日々を過ごしていたので

連休も明けたこともあり、耳鼻咽喉科へ連れていき診察を受けにいきました。

 

耳鼻咽喉科で診断を受けて、確認のためにもレントゲンを撮影に長男(年長)が入って

しばらく待っていたのですが、何かしら声が聞こえてきて耳を澄ませると

「次は吸入をしにいこうね」という看護師さんの声と、それについていく長男(年長)

親はほったらかしで、一人でさっさと治療を進めていっている長男(年長)を見て

この子は相変わらず病院や診療を何とも思わない子だな、と呆れました・・。

 

そんな診療科での診察の結果としては、蓄膿症(副鼻腔炎)と診断されました。

鼻水を吸ったりしているところは見ていなかったので、まさかと思いましたが

蓄膿症は大人でも辛いので、変わってあげられるなら変わってあげたい気持ちしかありません。

 

今は処方された薬を飲んで、症状が何もなく寝てくれていますが

今晩、いつものように目を覚まさず、ゆっくり寝てくれて、早く治ってくれることを願うばかりです。

 

寒暖差のある日がまだまだ続くので、皆さんのお子様も

体調管理をしっかりしてあげて、風邪をひかないように注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA