優駿牝馬(オークス)(予想)

こんにちは、いっくんパパです。

令和3年5月23日(日)東京競馬場で優駿牝馬(別名:オークス)が開催されます。

三歳牝馬クラシックの2冠目を目指すレースで、牝馬にとって難敵の

2400mとして設定されている、実力がないと勝つことが難しいレースです。

2016年から5年間、1番人気が勝利を収めていて、過去レースは人気どころが飛び込んでくることが多いですが

昨年は、2着・3着に人気薄馬が入ってくるなど、様相が変わってきました。

現時点の1番人気は、桜花賞勝馬の白毛馬ソダシです。

2冠目を達成するのか、距離の壁に泣くのか、要注目のレースとなります。

 

出走馬

注目のソダシは6枠11番と好枠を引き当てました。

 

予想

◎5.クールキャット

新馬戦を勝った後は、ピリッとしないレースを続けてきていましたが

前走のフローラステークスでは、好位から1馬身の差をつけ勝ち切りました。

毎年、桜花賞組とフローラステークス組とで比較されることが多くあり

桜花賞組の方が結局強かった、という展開が多いですが

各場ソダシ徹底マークからスタミナを使ってしまう展開ではないかと予想しているため

2000mの距離を走った経験が活きてくると見込んでの本命予想です。

 

○13.ファインルージュ

前走の桜花賞では、8番人気ながら3着に好走しました。

厳しい展開の中、3着まで食い込んでくるあたり、実力も伴っていますし

この馬は、路線的には短中距離で勝ち上がってきていますが

距離が長くなっても十分通用する、と思っています。

前走の脚や展開などを加味して、対抗予想としました。

 

▲18.ステラリア

新馬の頃から注目はされていたものの、中々勝ち切れず

桜花賞の出走に間に合わなかったステラリアですが

前走の忘れな草賞では鋭い脚で見事差し切り勝ちをしました。

距離が短い時には、中々勝ち切れなかったものの1800m以上で2勝は

2400m戦では上位に位置すると思います。

 

△16.ニーナドレス

今年に入ってからデビューし、2戦2勝で重賞に登録してきました。

血統的にも距離は長くても問題なく、前走は切れる脚を見せていますが

じわじわと進めていく脚も使えると思っています。

勝きりまでは難しくても、3着まではあってもおかしくありません。

 

☆2.スルーセブンシーズ

血統で選出したスルーセブンシーズですが

今回の出走馬の中では、珍しい後ろから進めていく馬です。

展開がハマって、馬券圏内に入ることを望みます。

 

今回は、ソダシが徹底マーク・距離厳しいのパターンになった時での予想です。

終わってみればソダシは強かった、となるかと思いますが

大穴予想もいいものです。

 

予想は、3連単で

⑤-⑬⑱-②⑬⑯⑱の6通りで勝負です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA