優駿牝馬(オークス)(回顧)

こんにちは、いっくんパパです。

2021年5月23日(日)は東京競馬場で優駿牝馬(オークス)が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

⑤-⑬⑱-②⑬⑯⑱の6通りでした。

 

結果は、予想通り1番人気のソダシが着外結果となったものの

2番人気・3番人気が順当に来てしまったため、見当違いの結果となってしまいました。

 

レースに勝利した3番人気のユーバーレーベンは、残り300m付近からしっかり抜け出し

2着に1馬身差をつけ、見事オークスを勝利しました。

鞍上のM.デムーロ騎手もゴールの時に雄たけびを上げるほど、喜びを爆発させていました。

 

1番人気にあげられていたソダシは結果8着となってしまいましたが

2000mまではいい脚を見せていたので、マイル戦で出走する際には

今後も狙っていきたいと思える内容でした。

 

今回も予想は外してしまいましたが、来週は日本ダービー

最も運の強い馬が勝つ、と言われるレースなので

運が強そうな馬を探します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA