東京優駿(日本ダービー)(予想)

令和3年5月30日(日)東京競馬場で第88回東京優駿(別名:日本ダービー)が開催されます。

今年は2007年の日本ダービーを制したウオッカ以来14年ぶりに

人気どころが日本ダービーに参戦してきました。

前走前々走を白毛馬ソダシの2着に負けてはいるものの、脚質や距離適性などを考えても

勝ち切る展開も十分考えられる状況にあります。

また、斤量差2㎏というハンデキャップも3歳の時期であれば優位に働きやすいので

とても注目な一戦となっています。

 

出走馬

皐月賞馬エフフォーリアは1枠1番、牝馬サトノレイナスは8枠16番になりました。

 

予想

◎1.エフフォーリア

前走の皐月賞で鞍上の横山武のG1初優勝を達成させる大活躍を見せました。

レース内容も横綱相撲だったこともあり、ここ日本ダービーでも本命に挙げざるを得ません。

今回のレースでも先行からの横綱相撲を披露すると想定しています。

懸念点としては、後ろから来る馬に強い馬が居ることです。

王道の先行していく形に持ち込むことが出来れば、2冠も夢ではない話です。

 

○16.サトノレイナス

エフフォーリアに勝ち切るとしたらこの馬だと思っています。

斤量2㎏軽いこと、実力は上位に位置していること

先行馬に対して、追い込み型で切れ味鋭い脚を見せられる同馬は

勝利に近い馬だと思います。

 

▲4.レッドジェネシス

前走、京都新聞杯の勝ち馬です。

実力・実績としては決して高いわけではないですが

展開次第では上位に食い込める馬だと思います。

中団からしぶとい脚をしっかり使うタイプなので

2着・3着までは来てもおかしくありません。

 

△5.ディープモンスター

直近のYahooニュースや、各種予想どころで名前が上がり続けている同馬ですが

タイプ的には父ディープインパクトの加速力が少し悪い版だと思っています。

それでも、スピードやスタミナは父と同じくらいのレベルがあるので

ラストスパートを仕掛けるタイミング次第で上位も十分考えられます。

また、鞍上は天才騎手武豊なので、仕掛けどころは間違えにくいでしょう。

 

☆13.グレートマジシャン

前走、前々走は後ろからの競馬を行い切れ味鋭い脚を繰り出しています。

後ろから行くタイプのサトノレイナスが勝てる展開になった場合、同馬を引き連れて上がってくる

そんな展開十分あります。

馬券圏内まで来るだけの実力は十分あります。

 

 

以上の予想から、馬券は3連単で

①-⑯-④⑤⑬

⑯-④⑬-④⑤⑬

の7通りで勝負します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA