2021安田記念(回顧)

2021年6月6日(日)東京競馬場で安田記念が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

⑤⑬-⑤⑬-③⑥⑪の6通りで勝負していました。

 

レースは各馬が5.グランアレグリアを徹底マークし仕掛けるタイミングを図りながら

最終コーナーまで展開していきました。

直線に入ってからは、スパートを開始しましたが、グランアレグリアの前が一向に開きません。

その隙を狙って大外から、11.ダノンキングリーが上がっていきました。

内からもカデナなどの追込み勢が上がっていきましたが、馬場が悪い。

 

残り200mほどでやっとグランアレグリアの前が開き、そこからは一気に追い込んできますが

一歩届かず、ダノンキングリーが6歳にして初めてG1勝利を収めました。

2着には追い込んできたグランアレグリア

3着は3歳馬ながら健闘したシュネルマイスターが入り

⑪-⑤-⑬で決まりました。

 

私の予想にあげた馬が来た、にもかかわらずフォーメーションの組み方でハズレ。

三連単を購入するならやっぱりマルチで購入をしないときついのか、と思わされる結果に終わりました。

 

次は宝塚記念が6月27日に開催されます。

次回はマルチ購入も視野に入れていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA