職域接種(モデルナ製)の1回目を打ってきた

今回、縁があり新型コロナウイルスワクチンの職域接種を打つことができました。

その経過を紹介していきます。

なお、私は30台中盤、中肉中背、基礎疾患無しの極々一般的な成人男性です。

 

接種時

接種会場は時間帯予約に合わせて接種予定者が来場していたため、混雑感はなく

順番に並んだ時は、10人程度の人が待っている状態でした。

 

一人ひとり受付を30秒から1分程度で済ませ、接種会場に入っていくと

次は問診がありました。問診は2部屋あるため、とてもスムーズに進んでいき

今までにアレルギー(アナフィラキシー症状含む)はあるか、などの質問と

その他、聞いておきたいこと、質問は何かあるか、と聞かれた程度でした。

 

問診も終わり、次にワクチン接種のための個室に移動しました。

そこでも2人の人が対応しているため、待ち時間なく、問診を受けてから1分以内に接種も終わりました。

接種をする時は痛みがあるのかと不安でしたが、注射なのでチクっとする程度で

インフルエンザの予防接種よりも痛みや接種後すぐの倦怠感はありませんでした。

 

接種後はまた別室へ移動して、15分程度様子見をして何もなければ自由に帰宅してください。

というスタイルでした。

 

会場到着から会場を出るまでにかかった時間は25分程度で全てが終わり、

ひとつひとつの事柄に対しても全く混雑感や蜜を感じることもありませんでした。

職域接種なので、社員の人が受付対応をしていたのですが、その人たちの対応もとてもスムーズで

迷ったり困ったりすることが一切ありませんでした。

 

 

接種後

接種してからしばらくは、接種した箇所に多少の違和感はあるものの

それ以外の辛さやだるさは一切出ていません。

体温の変化も特にありません。

  

3時間後

様々な記事で3時間程度してから体調が悪くなったり、倦怠感が出たりと書かれていましたが

私自身は全くだるさや倦怠感などもなく、接種箇所が腫れているだけで済んでいます。

体温の変化も特にありません。

 

6時間後

接種後も普通の生活を過ごしているため、多少の疲れが出てきましたが

日頃と変わらない疲れ方のため、副作用や症状は特にありません。

体温の変化も特にありません。

 

睡眠時

眠っているころから、少しずつ注射を打った周辺が硬く、張っているような感覚が出始めました。

そのため、寝返りや体勢を変える時に接種部分が触れると、目が覚めてしまいましたが

副作用や症状、体温の変化は特にありません。

 

起床時(2日目)

朝から肩が筋肉痛のような症状で重く、肩を上げたり動かしたりすることも億劫に感じます。

そのため、接種した腕は「使えなくはないけど、極力使いたくない」状態です。

ただ、それ以外の副作用や症状、体温の変化は特にありません。

 

私自身の1回目のワクチン接種の経過は、記載の形となり、副作用など特になくて良かったです。

2回目のワクチン接種は1ヶ月後です。

2回目のワクチン接種の時は副作用で発熱をする人が多いという話が多いですが、その時も体調の変化など

綴って伝えることが出来たらと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA