2021宝塚記念(予想)

令和3年6月27日(日)阪神競馬場で春のグランプリ宝塚記念が開催されます。

堅い展開の多かった春のG1戦線の最後のレースです。

昨年度優勝馬のクロノジェネシスはその後有馬記念も優勝し、

春秋グランプリ制覇を達成するなど、強い馬が勝つイメージが強いレースです。

現時点の1番人気は、クロノジェネシス

2番人気はレイパパレの両牝馬になっています。どうなるのでしょうか

 

出走馬

13頭のレースですが、枠番は散らばったように感じます。

 

予想

◎10.カレンブーケドール

今回のレースの主役はクロノジェネシスでもレイパパレでもなく、3番人気の牝馬カレンブーケドールにしました

この馬が好走する時は、馬場が稍重か重になっていることが多く

宝塚記念の発走時間頃には、雨になりそうな天気予報となっています。

また、直近のレースと比べて距離短縮となることも好材料です。

牝馬ですが、パワーの必要な馬場になればなるほど、この馬が真価を発揮するはずです。

 

○7.クロノジェネシス

実力、実績などを加味すると1番人気にあげざるを得ません。

しかし、不安材料は2点あり

1つ目は、前走の海外レース2着からぶっつけ本番であること。

これについては、この馬の実力ならあまり気にする必要がないかもしれません。

2つ目は、騎手が初めて乗り替わることです。

デビューからずっとコンビを組んでいた北村騎手が落馬事故の影響から、乗り替わりになっており

C.ルメール騎手に乗り替わります。

この馬、実は気性が荒くテン乗り騎手には乗りづらい評判もあります。

2つの懸念点から、本命に推すのは少しリスクが高すぎると判断しました。

 

▲11.モズベッロ

過去レースで上位人気になることはほとんどないものの

重賞レースで馬券圏内に来ることも非常に多くあります。

また、カレンブーケドール同様この馬も稍重や重馬場の方が走る傾向にあり

パワーが必要とされるレースの方が相性が良さそうです。

馬券圏内に抑えておかないと怖い存在の馬です。

 

△2.レイパパレ

ここまで6戦6勝、全てのレースで非の打ちどころがない強さを見せ付けており

クラシックレースに出走できていれば、デアリングタクトの3冠は怪しかったのではないかと

言われているほどの実力馬です。

ただ、今回のレース馬券圏外も十分あり得ると思っている懸念点が数々あり

1つ目は斤量が56㎏と初めての斤量を背負うことです。

馬体重420㎏台の馬が56㎏を背負うことは酷ではないかと思っています。

2つ目は距離延長です。

2000m以上のレースが初出走となっており、どこまで戦えるかという点です。

ただ血統的には長距離も問題は無さそうではあるので

勝ち切ったら、ごめんなさい。としか言えません。

 

☆8.カデナ

一瞬の切れ味なら出走馬1・2を争えます。

勝ち切ることは難しくても、レース展開を予想すると掲示板までは食い込んできている

そんなことが往々にあります。

人気も下位のため、馬券妙味に尽きる馬です。

 

以上のことから予想は、いつも通り3連単で

⑦⑩-⑦⑩⑪-②⑧⑪の12通りで勝負します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA