2021宝塚記念(回顧)

2021年6月27日(日)阪神競馬場で宝塚記念が開催されました。

私の予想は前回の記事の通り

⑦⑩-⑦⑩⑪-②⑧⑪の12通りでした。

 

レースはスタートダッシュを決めた1.ユニコーンライオンと2.レイパパレがレースを引っ張っていきました。

道中、1番人気7.クロノジェネシスが4番手の好位置でレースを進めていき、その後ろに10.カレンブーケドールがつけ

有力勢は前目に付けたまま、最後の直線に入りました。

 

後方勢が巻き返す暇もなく、先行勢が勢いそのままに駆け抜けていき、

7.クロノジェネシスだけが桁違いの脚を見せあっと言う間に位置取りを押し上げ、そのままゴールしました。

出走馬の中では実力が完全に違うな、と思うしかない見事な走りっぷりでした。

 

2.レイパパレも予想していた、来ても3着になりました。

しかし1.ユニコーンライオンは買ってない・・・。

 

春のG1は全敗に終わる不甲斐ない結果となってしまいました。

秋のG1戦から予想することは一度やめたいと思います。

 

趣味の競馬は自分の趣味のままで見ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA